5感を使った食事

 一般的に、良くかむと唾液がよく出て消化を助け、むし歯も防ぐことはご存じでしょう。

 抗酸化作用がある酵素が多く分泌されて、アンチエイジングにも効果的と知られるようになりました。
[PR]
# by dental_sakamoto | 2014-02-22 15:07

知っておlきたい子供の歯の話

 生えたての大人の歯 → やわらかい
                   →ミュータンス菌が付きやすい
                   →ミネラル構造が未成熟


           大人の歯  →硬い
                   →幼弱永久歯に比べ溶けにくい
                   →ミネラル構造の密度が高い

 未成熟な歯は、ちょっとしたダメージにも抵抗できません。

 強すぎるブラッシング、酸による脱灰、プラークの増殖、、、。

 少しの油断が、どんどんカリエスになりやすい状況をつくってしまいます。

[PR]
# by dental_sakamoto | 2013-05-22 14:43

クルミとミルク

 硬いものをしっかり噛めるということは、強い歯があるということです。むし歯や歯周病に冒された

弱い歯や、歯並びの悪い歯ではしっかり噛めなくなります。柔らかいものばかり好きな人は、顎の発達が遅れしっかりした骨格が形成されません。良くかまないで飲みこむように食べる人は、消化器官にも負担をかけてきてしまいます。弱い歯は、全身の健康に悪い影響を及ぼすのです。

 強い歯は、硬い食べ物をしっかりかむことによってつくられます。強い歯はカルシウムや、歯に必要な
栄養素をバランスよくしっかりとることでつくられます。好き嫌いなく何でも食べましょう。

[PR]
# by dental_sakamoto | 2013-05-21 15:10

仕上げ磨き

  お子さんの仕上げ磨きに苦労しているお母さん、いらっしゃいませんか。

 お子さんが嫌がる理由のひとつに、苦しいというのがあります。長時間ハブラシを口の中にいれられて
いると、唾液が溜まり苦しくなります。仕上げ磨きのポイントは1,2,3と数えたら一度ハブラシを口から
抜いてあげるなど、休み休み磨くことです。ぜひ、心がけてみてください。

 また、口の中を触れられることに慣れてないという理由もあります。生後すぐの赤ちゃんは、口元に固形物
を近づけると舌をだして押し返そうとします。これは母乳以外の異物の浸入を避けるための本能的な反射
です。生後4カ月頃から次第にこの感覚は鈍化し、固形物も受け入れられるようになります。
 
 口が本来、そのような敏感な空間であることを、ぜひお母さんも認識して、まずはお口の中を触れられる
ことに慣らしてあげましょう。歯が生える前から、遊びの延長として奥歯のかみ合わせの部分の歯ぐきを、
指先でこちょこちょとさわってあげる。こうして触れられることに慣れると、仕上げ磨きへの抵抗も減るでしょう
 
 また、気付いていないかもしれませんが「磨くぞ」と意気込むお母さんは、緊張で怖い顔になり、歯ブラシを持つ手にも力がはいっています。子供はそれを敏感に察知し「仕上げ磨きは嫌なこと」という先入観を持ちま
す。お母さん御自身も、リラックスして磨いてください。

[PR]
# by dental_sakamoto | 2013-05-21 14:53

むし歯をつくる3つの条件

 むし歯をつくる3つの条件は、「歯」、「食べ物」、「むし歯菌」。
甘い食べ物だけがむし歯になる原因ではありません。むし歯は「歯、食べ物(糖質)、むし歯菌」の
三つの条件がそろったときにつくられるのです。
むし歯菌とは、むし歯の原因菌、ミュータンス菌のことですが、これが歯に付着してプラークをつくり、
食べ物の中に含まれる糖質(特に砂糖)を代謝して酸を発生させるのです。
そしてこの酸が歯のエナメル質を溶かしてしまい、むし歯がつくられるのです。
こうしてむし歯の原因をみてみると、むし歯予防のポイントがわかるような気がしませんか?

一つはやはりプラークです。毎日の歯磨きでプラークをしっかり取り除くことが大切。ところが磨いた
つもりでも、磨き残しが意外に多いのです。定期健診で、磨けているかどうかチエックしてもらいましょう。
二つ目は歯のエナメル質です。むし歯菌の出す酸に負けない強い歯を作りたいですよね。
これには、フッ素塗布が有効だと言われています。

セルケアとプロケアで、むし歯に負けない強い歯を。
むし歯を予防し、むし歯に負けない強い歯を保つためには、自分で行うセルフケアと、歯科医院で行う
プロケアが欠かせません。
歯科医院では、むし歯の有無をはじめ、ブラッシング指導、プラーク除去、フッ素塗布などの予防処置を
してくれます。治療のためでなく、予防のために定期的に健診を受ける習慣を身につけたいものです。
またセルフケアとして、毎食後の歯磨きは必ず実行すること。その際、ただ磨くというのではなく、
プラークを取り除く意識を持って、磨くことが大切です。
[PR]
# by dental_sakamoto | 2013-05-10 17:12


埼玉県本庄市上里町のさかもと歯科医院です。一般歯科:小児歯科:矯正歯科


by dental_sakamoto
プロフィールを見る
画像一覧

さかもと歯科医院WEB

カテゴリ

全体
スタッフブログ
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月

その他のジャンル

最新の記事

5感を使った食事
at 2014-02-22 15:07
知っておlきたい子供の歯の話
at 2013-05-22 14:43
クルミとミルク
at 2013-05-21 15:10
仕上げ磨き
at 2013-05-21 14:53
むし歯をつくる3つの条件
at 2013-05-10 17:12

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧